「 投稿者アーカイブ:脳天気なオジさん 」 一覧

赤い蠟燭 書き写し

2019/05/02   -新見南吉

人の中では新見南吉は全く知らない作家です。 ですが、グッグてみると、青空文庫の短編のおすすめに必ず名前があります。 童話作家で29歳で亡くなったとのことなので、作品数も少ないそうですが代表作の「ゴン狐 …

秋の歌 書き写し

2019/04/23   -寺田寅彦

寺田寅彦という人は以前からとても気になっていました。物理学者にして随筆家、俳人。夏目漱石の弟子ということです。 以前からよく聞く名前で、青空文庫の中に名前を見つけたので書き写しをしてみました。 aki …

葉桜と魔笛 書き写し

2019/04/16   -太宰治

芥川龍之介、宮沢賢治、夏目漱石とくると、そろそろこの人の書き写しではなかろうか… というわけで今回は太宰治の作品の中から選びました。 hazakura_to_mateki 原稿用紙で17枚ほどの作品で …

余と万年筆 書き写し

2019/04/04   -夏目漱石

青空文庫の中に手頃な書き写しがないか、検索していたところ大御所夏目漱石のエッセーの中に『余と万年筆』を見つけました。 こっ、こっ、これは…! 趣味が「万年筆」と答える自分にとって、これを外す訳にはいか …

どんぐりと山猫 書き写し

2019/03/25   -宮沢賢治

宮沢賢治のイメージはメルヘン…、実はじっくりと読んだことがありません。 手始めに、短編の『どんぐりと山猫』をかきうつしてみましたが、このブログには宮沢賢治の書き写しが多くなる予感がします。 いつか、「 …

蜘蛛の糸 書き写し

2019/03/16   -芥川龍之介

青空文庫書き写しの第一弾は、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」としました。 できるだけ、短編を書き写し、公開の間隔をあまり開けないようにしていきたいと思います。 kumonoito 万年筆 SAILOR PRO …

青空文庫の書き写し

2019/03/14   -青空文庫

書き写しを始めた訳 新聞コラムの書き写しが、きっと著作権に触れるだろうと思い非公開にしました。 非公開となっても、せっかく2年以上続けてきた朝の作業を続けていこうと思い、非公開で更新を続けていますが思 …

『編集手帳』書き写しと要約

2019/02/21   -編集手帳

asahi.com より 「一般的には、著作物を要約することは著作権法上の「翻案」に当たり、著作権者の承諾が必要とされます。」という解釈を確認して、ちょっとビビってしまいました。そのために「About …