「 月別アーカイブ:2018年02月 」 一覧

2018.02.18付け「編集手帳」要約

勇気をもらった絶対王者の復活劇

2018/02/18   -編集手帳

2018年2月18日付け「編集手帳」要約 無比の存在の「王者」に「絶対」を重ねた異名を背負う重圧はいかほどか。 フィギャアスケートの羽生結弦選手である。 捻挫、流血、靭帯損傷…。 栄光と負傷とがないま …

2018.02.17付け「編集手帳」要約

名文句が生まれることを祈る

2018/02/17   -編集手帳

2018年2月17日付け「編集手帳」要約 五輪の名場面に名文句はつきものなのだろう。 「世界中の青空を、全部東京に持ってきてしまったような」 「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」 「立て …

2018.02.16付け「編集手帳」要約

いつまで冬眠するつもりだろう

2018/02/16   -編集手帳

2018年2月16日付け「編集手帳」要約 きょうから確定申告の受付が始まる。 青色吐息で納税する人に気になる名前があるだろう。 森友学園問題で、内部文章を破棄したと答弁した佐川宣寿・国税庁長官である。 …

2018.02.15付け「編集手帳」要約

心の使い方が歪んでいる五輪

2018/02/15   -編集手帳

2018年2月15日付け「編集手帳」要約 〈我も又重き荷負わせし一人ならむ許したまえよ高梨沙羅よ〉 4年前の4位から、平昌五輪で銅メダルをとった高梨選手の笑顔は、観戦した人にまぶしく映る。 五輪に限ら …

2018.02.14付け「編集手帳」要約

「服育のため」ってなんだ?

2018/02/14   -編集手帳

2018年2月14日付け「編集手帳」要約 子供にとって、もの与えられるとはどんなことだろう。 東京中央区立泰明小学校が高級ブランド「アルマーニ」の標準服を採用する。 一式8万円の服を着ることが子どもた …

2018.02.13付け「編集手帳」要約

楽観は禁物である

2018/02/13   -編集手帳

2018年2月13日付け「編集手帳」要約 ベルリンの壁は28年余り東西を分かち、89年に「崩壊」した。 それからまた同じ月日が経過した。 東側の人々にとって人生はずいぶん様子が変わったに違いない。 西 …

2018.02.12付け「編集手帳」要約

どんな思いで五輪を見つめている

2018/02/12   -編集手帳

2018年2月12日付け「編集手帳」要約 オーストラリアから日本陸軍の調査に来たテオドール・フォン・レルヒ少佐。 陸軍はレルヒがスキーの名人だと知り指導を依頼した。 新潟県高田の師団に赴いたレルヒは軍 …

2018.02.11付け「編集手帳」要約

どうか耳を澄まして

2018/02/11   -編集手帳

2018年2月11日付け「編集手帳」要約 平昌冬季五輪が始まった。 白銀の世界で躍動する彼、彼女らの体には練習を積み重ね、体得した唯一無二の比率や数式が染みついているに違いない。 冬の五輪にはきまぐれ …

2018.02.10付け「編集手帳」要約

二人の影が重なった騎乗

2018/02/10   -編集手帳

2018年2月10日付け「編集手帳」要約 中央競馬会に短期免許を得て加わるドイツ所属のフィリップ・ミナリク騎手。 急逝した友の鞍を携えて来日した。 その鞍で馬を走らせることは欧州では何と言うのだろう? …

2018.02.09付け「編集手帳」要約

天から送られた手紙

2018/02/09   -編集手帳

2018年2月9日付け「編集手帳」要約 「雪は天から送られた手紙である」 世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した物理学者、中谷宇吉郎の言葉である。 雪についてありとあらゆる研究をした博士の目 …