「 月別アーカイブ:2017年10月 」 一覧

2017.10.31付け「編集手帳」予約

時々おもらしをする五穀輪廻

2017/10/31   -編集手帳

2017年10月31日付け「編集手帳」要約 都市の下水道網は壮大な五穀輪廻だろう。 ところが時々、おもらしをするらしい。 大雨だと、雨水が下水管に入り込み、あふれて川や海に注ぐという。 東京湾の水質調 …

2017.10.30付け「編集手帳」要約

多くのナッジ応用例発信を期待する

2017/10/30   -編集手帳

2017年10月30日付け「編集手帳」要約 環境省でも今年度、地球温暖化対策で事業を始めた。 電力や情報通信関連企業、大学などが組み、日本版ナッジを科学的に追求する。 ナッジとはノーベル経済学賞に決ま …

2017.10.29付け「編集手帳」要約

タンスの奥のハンカチ

2017/10/29   -編集手帳

2017年10月29日付け「編集手帳」要約 〈引き出しの/奥のハンカチ/今日も奥〉 言われてみればそうだが、スポーツの指導者はそうはいかない。 生身の人間を選び、出番を与えるのは、どれほど難しのだろう …

2017.10.28付け「編集手帳」要約

ちゃらいは、ちょっと

2017/10/28   -編集手帳

2017年10月28日付け「編集手帳」要約 来月1月「広辞苑第七版」が発売される。 約一万語が新たに加わるが、その中のひとつ「ちゃらい」が、お口に合わない方もおいでになろう。 清少納言が「枕草子」で述 …

2017.10.27付け「編集手帳」要約

本は好きですか

2017/10/27   -編集手帳

2017年10月27日付け「編集手帳」要約 江戸時代のすえごろ、日本では人の多く暮らすところ、貸本屋の行商が珍しくなく、本好きが争って読んでいた。 その後、印刷技術の技術が発達し、出版業が起こり、書店 …

2017.10.26付け「編集手帳」要約

アインシュタインの日本発のハートフルな言葉

2017/10/26   -編集手帳

2017年10月26日付け「編集手帳」要約 歴史上、最も偉大とされる物理学者アインシュタインはふれあう人に幸せをふりまく特技があったらしい。 「静かで質素な生活は不安に襲われながら成功を追求するより多 …

2017.10.25付け「編集手帳」要約

チンピンとは俺のことかとジンピン言い

2017/10/25   -編集手帳

2017年10月25日付け「編集手帳」要約 〈ギョーテとは俺のことかとゲーテ言い〉 外国の発音を片仮名に置き換えるのは難しい。 ゲーテは当初29通りの表記が見られたという。 それに比べると習近平国家主 …

2017.10.24付け「編集手帳」要約

新政権の大事な課題

2017/10/24   -編集手帳

2017年10月24日付け「編集手帳」要約 江戸時代の長州藩は〈へそくり〉を貯めていた。 撫育方と呼ぶ基金は、戦乱などの非常時に備えるため、藩が窮乏しても流用は許さなかった。 毛利家の藩主たちは批判に …

2017.10.23付け「編集手帳」要約

「感」が「惑」に変った

2017/10/23   -編集手帳

2017年10月23日付け「編集手帳」要約 「感」の中に「惑」に似た部分がある。 小池新党の「好感」の「感」の中にも、それはあった。 民進党との合流時、政策の一致しない候補について「排除します」と語っ …

2017.10.22付け「編集手帳」要約

自らの1票で国を動かす意思があるか

2017/10/22   -編集手帳

2017年10月22日付け「編集手帳」要約 7月に亡くなった平尾昌晃さんの曲『星は何でも知っている』。 星は恋をお見通しだが、何もせずに見守るだけだ。 それは星を掲げた国旗を持つ、中国、北朝鮮、米国で …